会社案内

ABOUT

経営理念

全社員の物心両面の幸せの追求とともに
安心・安全・高品質な製品を市場に提供し、
豊かな食生活に貢献する

社長あいさつ

高保製薬工業株式会社は2016年に創業70年を迎えます。

創業当時は湿布薬を製造する小さな工場としてスタートしました。時代の変化に対応しながら少しずつ業態を変え、現在は粉体と液体の2つの工場で業務用食品および、食品添加物製剤の商品開発から製造・販売・品質管理まで一貫して行う総合メーカーとして、食品業界に貢献しております。特に加工食品に必要不可欠な食品添加物の製造は50年の実績があり、取引先の大手加工食品メーカー様から信頼され安定した受注を頂いております。

私たちの食生活は、より美味しくより安くは勿論の事、楽しさや健康等の機能性が求められています。食品添加物分野での蓄積したノウハウと経験を基に、新しい味・色・香り・素材・食感・鮮度保持等の付加価値を追求し、新しい時代に即した商品開発に取り組んでおります。

また食品の安心・安全に対する取り組みにも力を入れており、2002年に日本食品添加物協会認定の食添GMPの認証を取得いたしました。

2015年には経営陣が一新し、固定観念にとらわれず、若い世代が活躍できる活気ある会社を目指しております。

代表取締役 高橋美帆

代表取締役 高橋美帆

経営ビジョン

小さくても強い会社

[ 3つの満足が強い会社を作る ]

顧客満足
多様なニーズに対応し、高品質な製品の提供、買手の視点に立ったもの作り、販売
会社満足
顧客の評価・信頼により、安定した売上の確保、適正利益を求め、社員・社会に還元
社員満足
一人一人の役割認識とチームワークで、生き生きと向上心を持って働ける環境、社員・家族の物心両面の安定

品質に関する方針

JAFAGMP

高保製薬工業㈱は、お客様に対して商品の品質の確保を第一と考え、食添GMPの理念に基づき仕事を行います。

その為に、原材料の受入管理を徹底し、製造工程の衛生管理、生産体制の安全と整備を図ります。

その結果、私たちの作る商品は、お客様に安心してお使い頂ける品質への責任を果たすことが出来ます。

日本食品添加物協会 食添GMPとは?

会社概要

代表取締役 高橋美帆
資本金 1,000万円
従業員数 45名(社員33名、パート12名)
住所 〒960-0101 福島県福島市瀬上町字西上新田25-2
TEL 024-553-5015
FAX 024-553-5081
休業日 第2・3・4土曜日、日曜日、祝日
主な取引業種 飲料、漬物、惣菜、冷菓、 冷凍食品、畜肉加工、製菓
取引金融機関 東邦銀行、日本政策金融公庫、商工中金

製造免許など

種類・種目 登録日 登録番号等 適用
酒類販売業 平成8年3月29日 酒指第278号
食品加工用清酒、焼酎、味醂、リキュール類、果実酒
食品添加物製造業 平成12年8月1日 北保第1-251号
工場全体
乳製品製造業
(乳等を主原料とする食品)
平成13年2月16日 北保第1-133号
粉体工場、液体第一工場
食品添加物GMP 平成14年11月28日 JAFAGMP-004
工場全体
乳製品製造業
(乳等を主原料とする食品)
平成15年9月11日 北保第1-252号
液体第二工場
清涼飲料水製造業 平成15年11月14日 北保第1-253号

液体工場

 

医薬部外品製造業 平成16年4月15日 07DZ5003
 
乳酸菌飲料製造業 平成16年5月6日 北保第1-116号
殺菌乳酸菌飲料
毒物劇薬物一般販売業 平成17年2月14日 北保第63号
 
飼料製造業 平成19年3月1日 18生流第7682号  
愛玩動物飼料製造業 平成27年8月28日    

会社沿革

昭和21年7月 福島市瀬上町に医薬品、医薬部外品製造及び販売会社設立
昭和35年5月 食品添加物販売開始
昭和42年5月 食品添加物製造販売開始
昭和53年9月 本社工場を福島市鎌田に移転
平成7年7月 本社、工場を福島市瀬上工業団地に新築、移転
平成12年1月 液体第一工場完成
平成14年11月 食添GMP認定
平成15年6月 乳製品、乳酸菌飲料受託生産開始
平成16年6月 液体第二工場完成

アクセス

鉄道 JR福島駅より約9km(車で約15分)
阿武隈急行瀬上駅より約900m(徒歩10分)
バス JR福島駅東口より福島交通バス「福島学院前」より約1km(徒歩約15分)
自動車 東北自動車道福島飯坂ICより約3km(車で約10分)
東北自動車道国見ICより約10km(車で約15分)